広大な大地から見出していくもの

今以上の情報化社会を目指していくためには、世界との結びつきが欠かせないです。そのため、我国のITと世界のITが結集して、大きな技術力を構築していく必要があるのです。
そして、他の国との結びつきがいかに大事であるのかは、日本が古い時代に鎖国から解き放ち、他の国との貿易が盛んに行われるようになってからだと思うのです。

また、世界との協調意識の下で行う飛躍の精神によって、互いの連携を深めていくのと同時に、互いの技術を高い水準に引き伸ばしていく作用をももたらしていくのだと考えられるのです。

このようにして、世界との協調意識を育む行為を通して、各々の国の発展を願う気持ちがあるからこそ、今後の未来に希望の光が差し込んでくるものだと信じる気持ちを携えていくべきなのです。
ですので、世界の存在が強い味方として、ひいては日本にとって心許せる戦友であり、全てを委ねられる良きパートナーとして認識していくことが、世界が日本を手助けしてくれることに対しての敬意になっていくのだと思うのです。

地球に存在するもの全てが世界なのだと考えたときに、ITによって結びつきが確かなものとなったネットワークを通して、ITが世界との密接な関係があるのだと実感する方もいるでしょう。
そのため、広大な大地を生命の要としている私たち人類が、他の国々の人達と情報のネットワークを築くことにより、想像以上の革命を世にもたらすことが出来るのだという確信に満ち溢れるシチュエーションを感じたりするのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です