乗り越えた先に見えるものを信じて

IT業界に携わっている方の中には、大変な思いで仕事をされていることもあったりするでしょう。
しかし、その大変さがかえって仕事に対して充実感を伴う要素となり得ることもあるのだと考えられるのです。
故に、時間感覚さえも感じさせないくらいに仕事に没頭していることが、自分の好きな仕事に携われているという幸福感につながっていくのであり、ひいては心からこの仕事をして良かったと思えるようになるのです。
そして、大変なことを成し遂げた先に見えてくる達成感を噛み締めて、次の仕事に対しても充実感を味わうことを快感として捉えていくのです。

情報が繊細なまでに密となっているITの世界に浸っていると、さながら夜空にきらめく無数の星のように情報が自身の存在そのものを覆い尽くすように包み込んでいきます。
いかにも、ITの素晴らしさを懸命に伝えていきたいという想いを感じさせるくらいに、情報と自身とを結びつけようとする光景を感じさせます。

故に、そうした光景を感じられたときに、仕事の大変さを忘れて、情報と触れ合うことの喜びをひしひしと実感していくという、心地よい感覚を覚えたりするのではないでしょうか。
端的に言って、情報を通して楽園に誘ってくれているという気持ちが芽生えるとともに、先の自分を取り巻く情報によるシチュエーションを通して、IT文明の時代に生まれたことに幸せを感じていても不思議ではないのだと思うのです。
そして、仕事をするからには、大変な業務を請け負うことを承知の上で社会とのつながりを深めていく歩み寄りが大切になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です